各種印刷用語の説明
オフセット印刷 平版印刷(平らな版を用いる印刷方式)のひとつ。版面の画線につけたインクをプランケット面に転写し、被印刷体に印刷する間接印刷法の総称。グッズ印刷の中では最もきれいな仕上がりです。
シルク印刷 孔版印刷(スクリーン版に穴(孔)をあけ、その穴(孔)を通してインキを紙に転写印刷方式する。)のひとつ。
目の粗い絹布を枠に張り、印刷しない部分をニカワ等で覆い、その上からゴムローラー、またはヘラでインクを押し出して刷る。インクが厚く塗れるので画線が強く出る。ほとんどの素材に印刷できるが、あまり細かい印刷には向かない。
インクジェット印刷 特種加工した紙やフィルムなどのメディアに、水性顔料インクで印刷する加工です。写真印刷が主流ですがイラストや文字も可能です。
PVC加工 塩ビ系の表面ラミネート加工。
ユポ紙 水に強く、破れにくい合成紙。
腐食加工 薬品によって金属を溶解して表面に模様を付ける。
DICカラーガイド グラフィックデザインや印刷ばかりでなく、インテリア・ファッション・プロダクト等あらゆる分野に使われる色見本帖。
ニスびき 印刷物の表面に艶出し塗料を塗布し光沢を出す加工の一種。
熱転写 原稿から作った転写紙を素材に貼り付けてから熱処理する加工方法です。転写できるのは熱に強い素材に限ります。
箔押し 文字や模様の凹凸対の型を作り、表側に当たる型に金箔・銀箔・アルミ箔などを貼り付けて、熱と圧を加え、(本の表紙などの比較的厚い)紙に凹凸をつける加工。
サンドブラスト エアーコンプレッサーを用いて、ガラス器などの表面に金剛砂などの研磨剤を吹き付け、仕上げや彫刻する加工法。
光学硝子 光学器機のレンズやプリズムなどの材料に用いる、きわめて均一で透明度の高いガラス。
ホーニング加工(アラシ) 金剛砂を吹き付けて表面を削る加工。凹部がザラザラしています。